ノウハウ

【2023年版】LINEマーケティングツール比較!利用するメリットと選び方を徹底解説

Time 2023年5月19日

【2023年版】LINEマーケティングツール比較!利用するメリットと選び方を徹底解説

 

LINEマーケティングツールとは、顧客情報の管理や情報収集、広告配信などの機能を備えたツールを指します。

 

LINEマーケティングツールを導入することで、業務の効率化だけでなく、効果的なマーケティングを行うことが可能です。

 

しかし、LINEマーケティングツールは数多くのサービスがローンチされているため、どういった基準で選ぶべきか迷う場合があります。サービスによって機能性や導入コストが異なるため、導入する目的を明確にしてツールの選定を行う必要があります。

 

本記事では、各社のツールを比較し、LINEマーケティングツールの導入メリットや選定する際のポイントについて紹介します。

 

目次

LINEマーケティングツールとは?

LINEマーケティングツールは、LINE公式アカウントでのマーケティングを効果的に行うためのツールです。広告配信や顧客とのコミュニケーション支援、顧客情報の収集・分析を行うことができます。

 

また、LINEの特性を生かし、集客機能に特化したサービスもあります。顧客からの問い合わせに自動応答できる機能もあるので、効率的に業務の処理が可能になります。

 

LINEは、10代〜60代と幅広い年齢層のユーザーに利用されているSNSです。LINEマーケティングツールを活用することで、アカウント運用の質を向上したり、適切な顧客への情報発信、効果の分析、問い合わせ対応など多様なビジネス活動がスムーズになります。

———————————————————————
参考:LINEキャンパス「LINEのユーザーはどんな人? – LINEキャンパス
———————————————————————

 

LINEマーケティングツールの導入メリット

LINEマーケティングツールを導入することで、運用にかかる工数の削減やCVR率の向上が可能になるなど、さまざまなメリットがあります。ここからは導入した場合のメリットについて解説します。

 

LINEマーケティングマーケティングツール導入のメリット

 

運用にかかる工数の削減

LINEマーケティングツールを導入することで、メッセージの作成から送付までを自動化できます。そのため、通常かかる工数よりも削減して運用が可能です。

 

CVR率の向上

年齢、性別、居住地などの顧客情報などを参考に、セグメント化を行うことが可能です。セグメント化された顧客ごとに最適なキャンペーン情報やクーポンを配信することで、興味・関心の高いユーザーに直接リーチできます。

 

そのため、クリック率の向上やCVR率の向上を狙うことができ、うまく活用すれば新規顧客の獲得だけでなく、リピーターの獲得もできる可能性があります。

 

顧客情報管理の強化と効率化

顧客情報となる「年齢」、「性別」、「居住地」、「購入回数」、「来店回数」などの詳細な情報を取得して管理できます。また、アンケート機能も合わせて活用することで、効率的な情報収集の強化を行うことも可能です。

 

PDCAサイクルの加速

ツールによって、多様なデータの取得・分析機能を備えています。たとえば、売上などの数値やWebサイトへの訪問者数、ページの閲覧数などです。そのため、多様なデータから効果の分析や改善策を立てることが可能です。

 

ツールを活用することで、詳細なデータの取得と分析が簡単にできるため、PDCAサイクルの加速が見込めるのもメリットのひとつです。

 

LINEマーケティングツールの機能とは?

LINEマーケティングツールには配信機能や顧客管理機能など、さまざまな機能があります。ここからはLINEマーケティングツールでどのようなことができるのか、具体的な機能と合わせて説明します。

 

LINEマーケティングツールの機能

 

広告やキャンペーンの配信機能

LINEマーケティングツールには、セグメント化された顧客情報を使って広告やキャンペーンを配信する機能が搭載されています。

 

年齢、性別、利用店舗などから絞り込み、顧客ごとにメッセージを配信できるため、最適な情報を流すことが可能です。そのため、クリック率のアップなどが期待できます。

 

チャットボットによる自動応答機能

ユーザーが不明点などを質問すると、チャットボットで自動回答が可能です。また、チャットボットを利用せず、スタッフが有人で対応もできます。そのため、ユーザーとのスムーズなコミュニケーションが狙えます。電話対応などの時間が削減でき、問い合わせへの回答にかかる負担の軽減が期待できます。

 

アンケート機能

LINEマーケティングツールを活用することで、フォーム形式や会話形式など、多様な形式でのアンケートを作成できます。これにより、年齢や性別などのセグメント化された情報以外の内容も取得できるため、効果的なマーケティングの実施が見込めます。

 

ユーザー情報などの顧客管理機能

性別、年代、地域、来店回数などの情報をセグメント化できるため、ユーザー情報などの顧客管理ができます。ツールによっては会員カード機能が搭載されている場合があるため、ショップカードの発行などをLINE上で行うことが可能です。どの広告やポップアップから流入したのか経路も把握できるため、顧客分析の効率化などに活用できます。

 

データ分析機能

LINEマーケティングツールは、LINE上でのユーザーの行動やユーザー情報の一元管理を行い、多角的な分析ができます。ツールによっては、分析などのサポート体制が整っている場合もあります。そのため、運用初心者でもプロからのアドバイスをもらい、マーケティングの改善を行うことが可能です。

 

LINEマーケティングツールを選ぶポイント

前述しましたが、LINEマーケティングツールは数多くのサービスがローンチされています。そのため、ツールを選ぶ際は「導入コスト」や「機能・特性」、「操作性」などを考慮して選定が必要です。

 

①導入コスト

価格はLINEマーケティングツールによりさまざまです。安いと数千円から利用できるものもあります。しかし、価格だけで見るとお得でも、配信数が限定されていたりと機能性や操作性に満足できない場合もあるので注意が必要です。コスト面だけでなく機能性なども合わせて考慮するのをおすすめします。

 

②ツールの機能や特性

広告配信や顧客管理など、基本的に備えられているサービスもありますが、LINEマーケティングツールによって特化されている機能もあります。セグメント配信に長けているのか、効果測定・改善に長けているのかなど、特化されている機能はツールによって異なります。LINEマーケティングツールを導入することで、どういった課題を解決したいのか明確にしてから導入しましょう。

 

③ツールの操作性

ツールによって機能性が違うように、操作性も異なります。また、管理者のみで使用するのか、複数人で運用するのかによっても使用すべきツールが変わります。無料トライアルが設定されているツールもあるので、導入前に試験的に運用するのがおすすめです。使用者全員が使いやすいツールを選定することも重要なポイントのひとつです。

 

④サポート体制

ツールによっては、サポート体制が充実しているサービスもあります。アカウントの立ち上げからマーケティングプランの打ち出しまでを行ってくれるツールもあるため、ツール導入後の運用が不安な場合は、サポート体制を重視するのもいいでしょう。データ抽出や分析の経験が少ない場合は、ノウハウなどのサポートが万全なサービスを選ぶのもおすすめです。

 

おすすめのLINEマーケティングツール15選

ここからは、おすすめのLINEマーケティングツールを比較していきます。15種類のツールの価格と特徴を一覧表にまとめましたので、ツール選定の参考にご覧ください。

 

※価格については変更になる可能性もございます。くわしい機能についても公式サイトから資料請求ができますので、利用規約などを確認してダウンロードしてください。

 

ツール名価格特徴
KUZEN要問い合わせ●セグメント配信
●AIチャットボット
●専門チームによるサポート
MicoCloud要問い合わせ
※無料体験あり
アカウントの立ち上げから運用、効果測定・改善までをワンストップでサポート
Liny要問い合わせ
※無料体験あり
●顧客の属性に合わせて情報配信
●マーケティングオートメーションによる運用負担の軽減
LIBERO要問い合わせ●LINE公認セールスパートナー・テクノロジーパートナーに認定されているサービス
●友だちの獲得、管理
LOYCUS●初期費用/55,000円
●月額基本料金
スタンダード/22,000円
プロフェッショナル/33,000円
エンタープライズ/55,000円〜
●アカウント運用の自動化とデータの可視化に特化
●配信可能数
スタンダード・・・・・15,000通/月
プロフェッショナル・・45,000通/月
エンタープライズ・・・45,000通〜/月
●利用可能ユーザー数
スタンダード・・・・・5名まで
プロフェッショナル・・5名まで
エンタープライズ・・・無制限
※5名超〜月額3,300円/名
●機能性
スタンダード・・・・・基本機能のみ
プロフェッショナル・・基本+分析機能
エンタープライズ・・・基本+分析+データ連携機能
.L Message●初期費用/無料
●月額料金
フリープラン/無料
スタンダード/10,780円
プロプラン/33,000円
●フリープランの場合、無料で機能の利用が可能
●カレンダー予約機能や商品販売・決済機能に長けている
TSUNAGARU●月額料金
フリー/無料
スターター/10,780円
ライト/54,780円
スタンダード/109,780円
プロ/164,780円
●最短5分で導入が可能
●専門チームのサポートあり
●目的に応じて5つの料金プランから選択可能
Lステップ●月契約
スタートプラン/2,980円
スタンダードプラン/21,780円
プロプラン/32,780円
※別途 LINE公式アカウントの費用がかかります(要問い合わせ)
※無料体験あり
●LINE公式アカウント運用に特化したツール
●運用作業や集客の自動化が可能
●30日間の無料体験あり
Penglue●成果報酬型
※請求上限500,000円
●チャットボットに特化
●初期費用・月額料金が0円で運用開始できる
Chat Retargeting by Revive●成果報酬型
※要問い合わせ
●チャットボット広告に特化
●離脱ユーザーの獲得が可能
●初期費用無料、成果報酬型で運用開始できる
Poster●月額料金
フリープラン/無料
エントリープラン/980円
ビジネスプラン/5,000円
※別途 LINE公式アカウントの費用がかかります(要問い合わせ)
●配信するユーザーを属性などの情報で絞り込むことができる
●豊富なテンプレートがあり、デザイン性の高いメッセージ配信が可能
LINEサロン予約RE:RE●初期費用/無料
●月額料金/9,800円
●オプションあり
※ホットペッパービューティ連携料金/3,000円(月)など
●予約や顧客管理に特化
●顧客と店舗間の双方向でコミュニケーションがとれる
●ホットペッパービューティとの連携も可能
hachidori●初期費用/110,000円
※月額固定型と成果報酬型を用意(要問い合わせ)
●ノーコードで設定できるチャットボットサービス
●併走サポート体制があり、運用代行も可能
LiME●無料プランあり
※有料プランの利用料金は売上によって変動
●サロン向け機能が豊富なツール
●カルテや予約の管理ができ、業務の短縮が可能
DMMチャットブースト●月額料金/$249
※有効友だち数での従量課金制のため別途費用がかかります。
※無料体験あり
●LINEとShopifyの連携が可能
●顧客の一元管理や適切な販売促進が可能

 

KUZEN(株式会社コンシェルジュ)

KUZENは、セグメント配信機能が備えられています。そのため、ユーザーの行動履歴や会員情報などに応じて適切な配信が行えるのが特徴です。また、ノーコードでAIチャットボットも作れるため、問い合わせ対応などの効率化も図れます。

 

専門チームによるサポート体制も充実しているため、LINEアカウントの方向性の設定や配信セグメントの実装なども可能です。効果検証も行ってくれるので、全面的にサポートしてくれます。

———————————————————————
公式サイト:KUZEN
———————————————————————

 

MicoCloud(Micoworks株式会社)

MicoCloudは、LINEの公式アカウントの立ち上げから施策の改善までをワンストップでサポートしてくれます。企業のお悩みをヒアリングし、課題に合わせてプランの提案をしてくれるため、運用初心者にもおすすめです。

———————————————————————
公式サイト:MicoCloud
———————————————————————

 

Liny(ソーシャルデータバンク株式会社)

Linyは、約3,500社の導入実績を持つLINEマーケティングツールです。顧客ごとに最適なプロモーション配信を行ってくれます。マーケティング活動の自動化も可能なため、効率的に運用できます。また、定期的にアップデートを行っており、機能の改善や追加をしているのもポイントです。

 

———————————————————————
公式サイト:Liny
———————————————————————

 

LIBERO(株式会社ギブリー)

LIBEROは「LINE公認セールスパートナー」と「LINE公認テクノロジーパートナー」に認定されているツールです。コンバージョンの確率が高そうなユーザーに友だち登録を促進したり、メッセージ配信などのアクションを手軽に設定できます。操作性もよく、誰でも扱いやすいのが特徴です。

———————————————————————
公式サイト:LINEマーケティングツール「LIBERO(リベロ)」
———————————————————————

 

LOYCUS(エキステム株式会社)

LOYCUSは、アカウント運用の自動化・可視化に特化したツールです。「友だち追加」や「メッセージの受信」などをきっかけに、メッセージの返信やリッチメニューの変更などを自動化できます。

 

また、友だちの数や送信可能数などがダッシュボードにて可視化されているため、現在の状況を一目で把握できます。

 

料金は3段階で設定されており、金額によって配信可能数や利用可能ユーザー数、機能性に違いがあります。

———————————————————————
公式サイト:LOYCUS
———————————————————————

 

L Message(エルメ)(株式会社ミショナ)

L Messageは、コストパフォーマンスがよく導入しやすいシステムです。月1,000通までの配信数であれば無料で活用できます。アンケートフォームの作成やカレンダー予約などの機能が備えられているため、効率よく集客できるのが特徴です。また、商品の販売や決済の連携なども可能なため、LINE上で販売促進の仕組みを構築できます。

———————————————————————
公式サイト:エルメ
———————————————————————

 

TSUNAGARU(株式会社デジタルシフト)

TSUNAGARUも「LINE公認テクノロジーパートナー」に認定されているツールです。手間がかからず、最短5分で導入できる手軽さが人気です。初期費用・月額料金がかからないフリープランもあり、無料で基本的な機能を活用できます。LINE専門のチームがサポートしてくれるのも選ばれる理由のひとつです。

———————————————————————
公式サイト:TSUNAGARU
———————————————————————

 

Lステップ(株式会社マネクル)

Lステップは、LINE公式アカウントの運用に長けているツールです。シナリオ配信の自動化やセグメント配信、流入経路の分析など、マーケティングに関する機能が揃っています。初期費用不要で30日間の無料体験があるため、お試しで導入しやすいのも利点です。

———————————————————————
公式サイト:Lステップ公式ブログ
———————————————————————

 

Penglue(株式会社アイトリガー)

Penglueは、チャットボットに特化したツールです。ユーザーの行動をAIに学習させて、効果的な接客をチャットボットで行います。完全成果報酬型を採用しており、月額の請求上限は50万円までと決まっているのが特徴です。初期費用や月額料金も0円から運用ができるため、コストを抑えながらの運用ができます。

———————————————————————
公式サイト:Penglue
———————————————————————

 

Chat Retargeting by Revive(株式会社Canvas)

Chat Retargeting by Reviveは、チャットボット広告に特化したツールです。サイト訪問したユーザーにポップアップを表示し、LINEへ誘導できます。そのため、離脱ユーザーの獲得に役立ちます。料金は完全報酬型のため、リスクなく運用が可能です。

———————————————————————
公式サイト:離脱ユーザーを獲得するならチャットリターゲティング | Revive(リバイブ)
———————————————————————

 

Poster(株式会社モスコソリューションズ)

Posterは、セグメント配信に特化したツールです。セグメント配信をする際は、オリジナル属性やタグ情報を使って配信ユーザーを絞り込むことができます。複数のテンプレートも準備されているため、文字や画像を入れ込むだけで簡単にデザイン性の高いメッセージを作成できるのも特徴です。

———————————————————————
公式サイト:Poster(ポスター)LINEセグメント配信ツール
———————————————————————

 

LINEサロン予約RE:RE(BLETH Co,.Ltd)

RE:REは、予約や顧客の管理に特化したツールです。LINEから簡単に予約を行えるので、電話対応の削減ができます。また、お客様がLINEを使って店舗スタッフに連絡ができるだけでなく、お客様に向けてキャンペーンなどの情報を一斉送信することが可能です。

 

双方向でのコミュニケーションが図れるため、サロンの現場などで発生する業務の効率化が狙えます。

———————————————————————
公式サイト:RE:RE
———————————————————————

 

hachidori(hachidori株式会社)

hachidoriは、友だち追加から獲得までを支援するチャットボットサービスです。Q&Aなどの自動応答が可能なため、適切なタイミングでの接客ができます。併走サポート体制もあり、ツールを導入する目的を踏まえて、ロードマップの策定も行ってくれます。

 

運用代行もお願いできるので、初めてLINEでマーケティングを行う企業の担当者にもおすすめです。

———————————————————————
公式サイト:hachidori Marketing(ハチドリマーケティング)
———————————————————————

 

LiME(LiME.Inc)

LiMEは、カルテ管理や予約管理など、サロン向けの機能が豊富なツールです。カルテの作成を行うと、カレンダーに自動で予約情報が更新されます。カルテと予約情報を二重で管理しなくてもいいので、業務の短縮が可能です。

 

また、レポート機能では、売上やメニュー比率などのデータを画面上でまとめて確認できます。売上の分析もできるので、効果的なマーケティング戦略を立てるのに役立ちます。利用料金は売上によって変動するため、売上が少ない月も安心して利用可能です。

———————————————————————
公式サイト:LiME(ライム)
———————————————————————

 

DMMチャットブースト(株式会社DMM Boost)

DMMチャットブーストは、LINE公式アカウントの機能を拡張させたマーケティング自動化ツールです。LINEとShopifyアカウントの連携で顧客情報を一元管理できるのが特徴です。顧客の購買履歴も把握し、LINE上で適切な販売促進を行うこともできるのでECサイトの運営を行っている方におすすめです。

———————————————————————
公式サイト:DMMチャットブースト
———————————————————————

 

まとめ

LINEマーケティングツールを活用することで、キャンペーンの配信だけでなく、顧客管理などの業務を効率化できます。また、データを測定してPDCAサイクルを回すことで、効果的な運用も可能になります。

 

生産性の向上のためにも、現状の課題や達成したい目標を明確にして、LINE運用に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、LINE広告の基本的な出稿方法については、他の記事でも紹介しています。LINE広告の出稿手順や運用のコツが記載されていますので、こちらもぜひ参考にご覧ください。

———————————————————————
LINE広告の出し方を学ぼう!LINE広告出稿の手順と運用のコツ | マムズラボ株式会社
———————————————————————

 

 

マムズラボについて

マムズラボは、実務経験3年以上を有するプロフェッショナルが集まるクリエイティブ・マーケティングチームです。生活者目線と確かな経験・スキル、そして1,000名以上の圧倒的なリソースで貴社の課題解決を実現します。

プロジェクト実績

お問い合わせ先

仕事のご依頼・ご相談はこちらから